今人気を集めている横浜の霊園の特徴

政令指定都市である横浜は、オフィスビルや官公庁をはじめとして、各種のアミューズメント施設や中華街などの多様性のある街並みが魅力となっていますが、後の世での安住の地ともいうべき霊園についても、やはりさまざまな種類のものにわかれています。決まりきった様式のお墓だけが建ち並んでいる、田舎の地方にあるようなものとは一線を画した個性的なものが多いというところも、こうした土地柄ゆえのことといえます。種類があり過ぎるというのも、実際に選ぶ上では迷ってしまいがちになりますが、そこにはいくつか時代によって人気を集めるような形態のものが存在しているのも事実といえます。こうした人気のお墓のありかたに注目をしてみると、逆にどのようなお墓が好ましいのかという希望の条件がはっきりとしてくることがあるものです。

公営であれば公園墓地タイプが人気

横浜の霊園を考えるのであれば、まずは市営墓地とよばれる公設のものが選択肢に入ってくることでしょう。このような公設の場合にも、従来のように区画を仕切って柵などをめぐらし、そのなかに墓石を置くスタイルのものは、引き続き人気があることはたしかであり、応募者多数のために、例年、抽選によって利用者が決定されている状況です。しかし、そのほかにも、公設にはめずらしい、公園墓地タイプのものが新たに造成されていることから、こちらも急速に人気を集めているところです。園内は水と緑につつまれた洋風な感じのデザインとなっており、土地柄にもよくマッチしています。芝生型や合葬式といった、特徴ある納骨施設も魅力といえ、野球場や多目的広場、芝生広場などが併設されていて、一見するとまったく墓地とはわからないものです。

続々と誕生する新しいタイプの墓地

横浜市内やその近郊に所在している民間の霊園であれば、これまでになかったような新しいタイプのものが続々と誕生しており、人気を博しているといえます。このような新しいタイプのものは、住宅街の造成などが進んで過密化がいちじるしいこの地域ならではといったところもあり、現代人の合理的な感性にもつながるところです。たとえば、カード式の屋内墓地といって、これまでのような屋外に墓石を建てるタイプではなく、納骨器を立体形式で格納して、カードで呼び出すことで個別の墓参が可能になるというスタイルのものがあります。また、樹木型墓地といって、墓石を個別に建てるのではなく、樹木が茂った場所に合葬というかたちで多くの納骨器を埋蔵するようなものもあり、こちらも人気となっています。