こんな横浜の霊園のタイプがおすすめです

横浜といえば、江戸幕末に開港して以来、わが国の近代化の歩みとともにあった街であり、進取の気風に富むところが大きな魅力となってきました。現在でも海浜部を中心として、さまざまなビルが建ち並び、娯楽や商業などの施設も数多く見られます。丘のほうに目を転じれば高級住宅街となっているところも多く、鉄道、自動車を問わず、交通網も整備されているため、たいへん住みよい環境となっています。こうした環境のなかであれば、亡くなった後の住まいともいうべき霊園を探す上でも、希望に見合ったところが見つかりそうだという期待がふくらむものです。実際のところ、この地域であれば、伝統的なタイプのほかにも、さまざまな新しいタイプのものが造成され、募集を開始していますので、幅広く情報を仕入れておきたいものといえます。

運営主体によって選ぶことが可能

横浜でお墓を建てるための霊園を探す場合には、まずは運営主体についての絞り込みをしてみてもよいといえます。市内であれば市営墓地の募集が行われていますので、行政が直接運営をする安心感と、費用的な面での安さを考えるのであれば、ぜひともチェックしておきたいものです。市営墓地の場合、人気があるために抽選となり、結果として落選ということもあり得ますので、その心積もりはしておく必要はあります。また、民間墓地であれば、できるだけ自由度が高いところが理想であるといえます。特定の宗派にこだわらずに、あらゆる宗派のお墓を建てられるようなところや、公園のように整備されていて、管理体制がしっかりとしていることが現地の外観からもうかがえるようなところを狙うとよいでしょう。

新しいタイプにも目を向けてみる

横浜の霊園のなかには、土地を小規模に区画して柵で囲い、その上に墓石を建てるような伝統的なタイプのほかにも、さまざまな新しいタイプのものが造成されてきています。もしも伝統へのこだわりが強いということでなければ、こうした新しいタイプのものに目を向けてみると、機能性の高さやコスト面での安さを追求することができる場合があります。たとえば、いわゆる公園墓地とよばれるタイプであれば、木々や草花が植えられている広々とした土地に納骨をするものとなります。伝統的な個別のお墓ではなく、合葬の形式となりますが、清潔感や爽快感のある外観は、これまでのお墓のイメージを一新するものです。ほかにも、屋外ではなく、屋内の特定のスペースを納骨堂のようなかたちで分譲しているところもあり、このタイプであれば墓参もたいへんしやすく、立地としても都心部に近いところが多いといえます。