妊娠5ヶ月頃から体への保湿ケアをする理由

妊娠も5ヶ月に突入するとお腹は大きく膨れあがり、腰が反ってくるため腰痛になり始める時期でもあります。また腰やお腹周りにも脂肪を蓄えようとするホルモンの影響から、胸なども含めてふっくらした体形に変わってきます。この時期の身体の変化によって生じるのが妊娠線となります。線ができてしまう仕組みとしては、お腹や急激に脂肪がつくことによって皮膚が伸びていきますが、皮膚の下にある真皮はその急激な伸びに耐えられず、断裂してしまう事によって線が出てきてしまう症状となります。皮膚が伸びる以外にも断裂は肌の乾燥によっても起こってしまいます。その為5ヶ月を迎える頃には身体のふくらみが大きくなるお腹や腰回りや足の付け根に太ももに二の腕など、しっかりと保湿クリームを塗って対策することで、断裂を防ぐことが可能となります。

5ヶ月頃から妊娠線予防のクリームを選ぼう

お腹の赤ちゃんが成長し始めて5ヶ月の頃になると、お腹はひと目でわかるほど大きく膨れ上がってきます。それと同時に皮膚が伸びるそのスピードに真皮が追い付かず、断裂することによって妊娠線が出始める時期でもあります。お腹周り以外に腰や二の腕に、太ももといった場所にも断裂が生じます。もちろん妊婦にとては勲章ともいえるべき線ですが、あまり見た目的に綺麗なものではありません。そのため予防クリームをしっかり選んで塗ることで、断裂を予防することが可能です。予防クリームとしておススメなのが、保湿成分が豊富に含まれているタイプとなります。また断裂してしまう真皮にまでしっかりと浸透するタイプのクリームが重要です。保湿と同時に引き締め効果があり、やはりコストパフォーマンス的にも購入しやすい物を選び使用するようにするのがとても大切となります。

妊娠5ヶ月でつわりが治まります。

妊娠5ヶ月になると、つわりが治まります。つわりが治まるということは安定期に突入するということです。安定期に突入すると、肉体的にだいぶ楽になるという妊婦さんも多いことでしょう。そんな妊婦さんですが、妊娠5ヶ月に突入するとある部分の位置に変化が訪れます。どんな部分かというと子宮です。子宮の位置がちょうどおへその下辺りの部分まできます。子宮の位置がおへその下辺りに変化したことに伴い、お腹の方も、だんだんと大きくなってきます。お腹の方もだんだんと大きくなるので、その大きくなるペースも早くなっていきます。そのため、ご自身で体重をコントロールしていかなければなりません。コントロールをしていくためには、妊婦さんにとっても赤ちゃんにとっても、十分な栄養が摂れるように、効率良く食べていくことが必要になります。