横浜にある霊園にはどんな特徴があるのか

首都圏の他エリア同様、横浜にある各霊園施設においても、慢性的な墓地不足や墓所区画の価格高騰が続いていることから、ここ数年で新設されたり既存の施設の拡張などが進んでいます。景観の良い魅力的な墓所が多いことから、東京など周辺地域からの希望者も多く、新設されても追いつかない状態となっています。そういった事情もあって、樹木葬や永代供養墓など、新たな形式の埋葬や納骨方法の墓所エリアの増設も進んでいます。都市部周辺でも緑に恵まれた丘陵地帯や海の風景に恵まれている横浜周辺は、元来、樹木の多い墓地が多かっただけに、樹木葬スタイルと馴染みが良く、花や芝生で飾られたイングリッシュガーデンのような樹木葬区画も増え、人気を集めています。個別区画のほか、合祀形式で永代供養墓としての樹木葬も行われています。

従来の墓所区画に加えて都市型納骨堂も新設

樹木葬や永代供養墓と共に首都圏で急速に人気を集めているのが、室内墓苑、屋内霊廟などとも呼ばれる都市型納骨堂です。駅前納骨堂という異名もあるほど、多くの路線が乗り入れる主要駅などから徒歩数分圏内にあり、納骨堂とは思えないようなスタイリッシュな外観のビル内部に納骨室が設けられ、ICカードなどで個別の礼拝ブースに納骨室を呼び出して墓参ができるようになっています。一般的な墓所と違い、掃除や草むしりの手間もなく、天候に関わらず墓参可能なことから、遠方への墓参が困難な高齢者にも重宝され、郊外の墓所を墓じまいして改葬するケースも見られます。このタイプの納骨堂を、従来型の墓所区画に加えて敷地内に新設する霊園も出て来ており、墓地不足解消の決め手の一つとなっています。

バリアフリー対応で魅力が高まる郊外型

樹木葬も都市型納骨堂もニュースタイルならではのメリットが喜ばれていますが、通常の墓所区画に墓石がある従来型の墓地にこだわる人もいます。美観を高めた樹木葬区画ならずとも、雄大な海原を望める高台の墓所や、富士山の絶景が自慢の霊園も多い横浜エリアだけに、郊外の従来型墓所区画の人気は相変わらず高いものとなっています。そういった人気施設も丘陵地ならではの坂道がネックになっていましたが、近年、多くの施設でバリアフリー工事が進み、車いすでも無理なく参拝できるよう段差をなくしたり、エレベーターを新設するなどリニューアル化されています。従来からある魅力を、さまざまな工夫でいっそう高めている横浜エリアの霊園の人気は、周辺地域からの羨望をさらに集めるものとなっています。

お求めやさ、景色、宗派などお客様の様々なご要望に応えることができる霊園をご紹介します。 来る人が心安らぐ霊園をご案内させて頂きます。 バリアフリー霊園から富士山を眺望できる霊園まで、幅広いニーズにお応えできる公園墓地をご紹介致します。 墓石販売・法要業務のプロとしてしっかりサポート。 お客様一人一人のニーズに合った、霊園や墓地探しをサポートし、確かな技術とアフターサービスを提供しています。 横浜で霊園をお探しならこちらから